スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

日曜日、娘孝行

毎日、いろんなことがあるのですが、なかなか時間が取れず、ブログがリアルタイムに追いついていません💦

日曜日は夫が仕事で不在の為、前もって娘とお出かけする約束をしていました。
午前中に迎えに行き、早めのランチを回転ずしで。
娘は寿司12皿と汁ものとデザートまで食べました。大食いかっ!
それからお友達から箱根の「ドールハウス美術館」の招待券をもらっていたので、箱根芦之湯までドライブ。

ドールハウス

ドールハウス2
すべて12分の1の縮尺でできています。

貴重なコレクションだと思いますし、こういう世界は大好きなのですが、展示場がそんなに広くないこともあり、30分ほどで観覧終了。
せっかく箱根に来たのだからと「温泉は?」と言ったところ、「この暑いのに温泉なんか入りたくない。」と。そうでしょうね・・・。

湯本でソフトクリームなど食べながらぶらぶらしたあと、やはり暑いので、涼しい映画館で映画でも見ようかという事になり・・・。
小田原に戻って娘のリクエストで「メアリと魔法の花」という映画を見ました。

メアリと魔法の花
(画像はお借りしました)

もとスタジオジブリのスタッフが立ち上げたスタジオポノックの第1回作品のようですが・・・。
個人的な感想だと、B級のジブリ映画といったところ・・・。途中で寝ちゃいました。
娘は楽しんでました。

終わったのが夕方6時を過ぎていて、それから娘の為に食品の買い物をしてやって、晩御飯は彼氏の分もバーミヤンでテイクアウトを買ってあげて・・・娘の家の前まで送り届け、私が家に帰ったのは夜の9時近くでした。

最近職場の人間関係で悩んでいる娘が、「ありがとう。ママ大好き。ママに会うと元気になる。」と言ってくれました。

それは大いにけっこうなのですが・・・ママは疲れたよ~(^-^;
お財布も空っぽになりました。親孝行じゃなくて娘孝行の1日でした。

読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
2017-07-12(Wed)
 

娘との1日

今日は娘が遊びに来ました。
昼前に迎えに行って、2人でイタリアンのランチを食べ、うちに来て、一緒にクッキーを焼きました。(小学生の母娘みたいですね)
来週も一緒にお出かけをする約束をしました。

娘は職場の人間関係に悩んでいるようで、詳しく書くと長くなるので書きませんが、娘の言葉がとっても大人だったので・・・

「悪口を聞くのも言うのも嫌。」
「嫌われている人にも、挨拶はちゃんとしたい。」
「仕事をしに行っているのだから、孤立したとしても私は平気。」
「みんな愚痴を言うのは聞いてほしいだけ。解決してほしいわけじゃない。」とか。

私は、「あなたの考えていることは1個も間違ってないからそれでいいんだよ。きっと時間が解決してくれるから大丈夫。味方になってくれる人もきっといるから。お母さんだっているし。」と言いました。

娘は勉強もできないし、身の回りのこともなんだか危なっかしいし、社員でお勤めしたこともないし、お金もないし、一緒にいる男も頼りないけど、「この、ハゲ~~!」とかの暴言で話題の経歴はご立派な某政治家よりもよほど人間的には美しいと思いました。(親バカですが)

そういえば子供たちが出て行って1年以上が過ぎましたが、寂しいという気持ちも全くなくなりましたよ。
娘のことはまだお金の面をはじめ、ちょっとは心配ですけど、それでも普段はほぼ忘れています。
1年ちょっとという月日の間に、慣れと、そして子供達に対する信頼が大きくなったのでしょうね。

3年ほど前の・・・病気の息子とニートの娘と単身赴任の夫・・・という環境から考えると嘘のようです。

読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


2017-07-03(Mon)
 

娘のドタバタ

昨日、娘から電話がありました。

「生活費を入れている郵貯のキャッシュカードを無くしたんだけど、通帳も彼氏が職場に持って行っちゃってないんだけど、再発行できるかなぁ?」と言われました。

またカード、無くしたの~!家を出てから1年ちょっとの間に何度目だよ~(*`皿´*)ノ
と、思いましたが、そこは冷静に、「とりあえず、カードを止めなくちゃならないから郵便局の窓口に行きなさい。」という事を告げ、「カードの再発行は何度もやったことがあるけど(あなたのために)、通帳と両方なかったことはないからわからないなぁ・・・。口座番号はわかるの?」と聞くと、

「口座番号ってなに?」

はぁ・・・・そんなことも知らなかったか・・・(-_-;)

娘は、自分の興味があること以外は、たとえ誰もが知っているであろう一般常識でも自然に身に着けるのはできないようです。

調べたら、印鑑と身分証明書さえあれば窓口で再発行ができるようなので、LINEで知らせると、すぐに手続きに行ったようでした。
私が娘に対してここは安心だな、と思えるのは、娘は誰にでも、分からないことを聞いたり、助けを求めるのをためらわないことです。

道に迷ったときにも、私なら絶対声をかけないであろう、ねじり鉢巻きにサングラスの強面のトラック運転手にたずねに行ってました。
え~!そこ行く?と思いましたが、それが意外と親切な人だったりして(笑)

無くしものに関しては小学校の時から連絡帳を作ったり、プリントを入れて持って帰るよう専用の袋を用意したり、いろいろ工夫したのですが、袋ごと無くしてしまうなど、結局うまくいきませんでした。

なので、娘に関してはどう無くさないか、という工夫をするよりは、無くした時にどうするか、という事を教えた方が現実的だと思っています。
一番大事なのは、SOSが出せる事です。困っていることを誰かに伝え、助けてもらえる能力さえあれば、私なんて必要ないと思っています。

世の中では、世の為、人のためになれる人はもちろん賞賛されますが、人の助けがなければ生きていかれない人も必要だと思います。
人を助けたい、と思っている人もいっぱいいるし、人から感謝されるのは嬉しい事ですから。

そんな娘、夜も煮物を作っていたようなんですが、「失敗した!」と慌てて電話をかけてきました。
どういうことかというと、レシピ通りの分量で水を入れ、味付けをし、タイマーをかけて煮ていたんですが、火が強すぎて最後の行程にいく前にだし汁が全部煮詰まってしまったというのです。

私が、「落ち着いて。慌てなくて大丈夫だから!」と言うと、「だって初めてなんだもん!」とパニック状態。
「もう一度、材料の頭がちょっと出るぐらいお水を入れて、味見をしながら最初の量より少なめに調味料を入れて煮てごらん。」と言いました。娘にはできるだけ具体的に、説明してあげなくてはなりません。テキトーというのができないのです。

しばらくたってまた電話があり、「大丈夫だった。ちゃんと煮えた。味もおかしくない。」と告げられました。ほっ・・・。
やれやれ。

読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


2017-06-21(Wed)
 

祝、3年

息子の治療後3年の長期フォローアップ外来が今日ありました。
私は同行してませんが。

お昼過ぎに、「問題なし!」とLINEがありました。

バンクドナーからの骨髄移植なので、具体的に日付は明かせないのですが、数日前に移植後3年は迎えていました。
その日に、息子に「祝!3年!」とLINEを送ると、「そうだった、そうだった。」と忘れていたご様子(^-^;

なので、今日も特に心配することもなく、(あえて言えば、移植後の後遺症として肺に障害が現れたので、肺機能検査が少々気になってはいましたが)当たり前のように報告を受け取りました。

がんの完治と言われるには、5年という期間が必要なようですが、私は3年というのは大きな節目だと思っていました。

というのは、3年数か月前、主治医から治療の同意書の束と一緒に渡された治療説明書の中に、3年生存率というのが書かれてあったからなんです。
そこには、息子の病気の場合、3年、無再発生存率が確か40%にも満たなかったと覚えています。(息子は遺伝子異常のある、予後不良群でした。)

この数字は私にとっては非常に不安な数字でした。
治る可能性はある・・・。だけど、過半数ではない・・・。
私は同じ病気の方のブログや、研究論文などを読みあさり、一喜一憂していたのです。

息子は病気について、あれこれ調べることはしませんでした。
今となっては患者側としてはそれが正解だったと思います。

だって、患者は目の前にあることをすることしかできなくて、数字を気にするのは医者と研究者の仕事ですもの。

3年生存率というのは少なくとも3年以上前の数字です。医学の進歩は日進月歩です。

骨髄バンクのドナーさんとの相性が医師も驚くほどよかったという偶然の幸運にも恵まれました。
きっと、生かされているのだと思います。

病院とはずっと縁が切れないと思うし、不妊の問題だとか、これからぶつからなければならない壁もあるかもしれませんが、私の杞憂だった3年を超えて、ますます人生を楽しんでほしい、と思うのです。

読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村





2017-06-20(Tue)
 

ペンチをデリバリー

昨日の夜10時半頃電話が鳴りました。

夫はうちにいたので、そんな時間に電話が鳴ると、まず第一に、姑や、私の父母に何かあったのでは?と恐る恐る出てみると、娘からでした。

「どうしたの?」と聞くと、
「ペンチある?」と聞かれました。

話を聞くと、彼氏の自転車のチェーンが外れて、直したいんだけど、カバーが外れないから、ネジを回すペンチを貸してほしいとの事。

「今から?これから行くと11時頃になっちゃうけど?」と言うと、「うん、だって、自転車無いと明日仕事行けない。(彼氏が)」
と、いうので、道具箱から使えそうな工具を持って出かけました。

ペンチ
正確には、プライヤというらしい。

どうも、娘からすると私は、たまにお金もくれる便利屋さんという立場のようです。

しかも、24時間対応の・・・(-_-;)

行ってみると娘と彼氏がアパートの前で自転車をいじっていました。
私は彼氏と会うのは数か月ぶりで、最近の娘の経済難の様子を知っていたので、娘に苦労を強いているにっくき男、というイメージを膨らませていたのですが、会ってしまえば、そんな感情は沸き起こりませんでした。
娘にとって大事な人というのは、私にとっても守らなくちゃいけない人なんですねぇ・・・。

彼氏の自転車の修理が終わるまで、傍で自転車を支えながら見守りましたよ・・・。

娘の彼氏は、物心ついたときには父親がいなくて、母親ともうまくいかず、今は消息不明ということですからねぇ・・・。
なんだか一人、世話の焼ける親戚が増えた・・・みたいな気持ちですよ。

娘のうちのペラペラの安い布団がかびてしまったという事なので、彼氏の分も2枚、布団を買いました。
敷きパットもね。
そして、ベランダが狭くてシーツが干せないというので、シーツを持ち帰って洗ってあげようと思います。

こんなサービスのいい便利屋さんはいませんよ・・・。

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
2017-04-27(Thu)
 
プロフィール

スマイルバナナ

Author:スマイルバナナ
50代主婦です。
2人の子供達は独立し、今は夫と二人暮らしです。
接客のパートをしています。
日々の出来事、心境を綴ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。