スピリチュアル勉強会

先週の土曜日に、スピリチュアル勉強会の為、東京の広尾に行って来ました。

ちょっとこういうことを言うと、引かれちゃうかもしれないですね~。
私の周りの人も、私がそれっっぽい話をすると、変な雰囲気になります。
「ふっ・・・。」と鼻で笑われたり、そうかと思えば、あぁ、この人は辛い体験をしたからそっちに行っちゃったんだなぁ・・・みたいな、かわいそうに、という顔をされたりします。

でも、私が興味のあるスピリチュアルは、怖いものでも、カルトなものでもなく、ラクに生きられて、より幸せになる「生き方」のようなものです。
お金持ちになりたい、だとか、そういう現実的な物ではなく、心の問題です。けれど、その心の持ちようが現実に影響を及ぼすことを、特に息子が大病を患って以来、身に染みて体験してきました。

今回、私が行ったのは、私がよく見ているスピリチュアル系のブログを書かれている、ヒーラーさんの開催した勉強会です。
とても和やかで明るい雰囲気の中、参加者が12名ほど、ほとんど40代以上の主婦の方が多いと思いました。

魂の話とか、転生の話とか、関心がない人にとってはありえないようなことに思えるかもしれませんが、例えば、その先生が言われた、幸せになるための3つの方法、というのは、誰が聞いても、間違ってはいないと思います。

① 人や物事のよいところを見る。
② 人が喜ぶことを考える。
③ 小さいラッキーを見つける。

その他にも、私が一番心に残ったのは、

イヤな人、嫌いな人に愛を持って対処する。

という事です。先生曰く、人を変える事は絶対にできない。無理やり変えようとすれば必ず摩擦が起きる。
先生の言葉でいうと、これは「問題集」なので、自分が愛を持って乗り越えれば同じ問題は2度とは起こらないが、間違えればわかるまで卒業できないそうです。

これね、私の職場で今一人、苦手な人がいるのでその人の事を考えてしまいました。
私は、厳しい人とかは意外と平気なんですけど、その人は生理的にダメなタイプ。

生理的にダメ、というのは意識してどうにかするのはとっても難しい。かといって、苦手な人がいれば職場は楽しくありません。
私がその人を苦手なわけは、挨拶をしない、返事をしない、ぼそぼそしゃべるので何言ってるかわからないし、要するにイライラするのです。でも悪い人ではないことはわかってる。

その話を聞いてから、愛のある対応ってどういう事だろう、と考えてしまいました。相手が喜ぶ事?

昨日の夜中までずっと考えていて、思いついたことがあります。

もしかしたら、私は生理的に苦手なタイプのその人にバリアを張っていたんじゃないだろうか。だからその人は私に挨拶も返事も、普通にしゃべることもできなかったんじゃないだろうか。そう思って、今日はバリアを外す意識でその人と接してみました。
すると、そう思った矢先から、その人が「天ぷらそば食べる?」と言って、私に賄いを作ってくれました。

こういう時、不思議だなぁ、と思うのと同時に、嬉しくなってる自分がいるのです。

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2017-01-30(Mon)
 

ちょっとの事なんだけど・・・

一昨日、ダラダラした1日の記事を書いたのですが、昨日は忙しい日だったのです。

仕事はいつも午後4時までなんですが、通勤に40分くらいかかります。
帰りに買い物して、家に帰って朝できなかった洗濯をし、夫の夕飯を作っていると、珍しく夫が6時過ぎに帰ってきました。
夫に、「ご飯作って置いとくからね~」と言って、私は夕飯を食べる間もなく、6時半過ぎにベルの練習に行くため家を出なくてはなりませんでした。
ベルの練習は楽しいんですけど、とっても疲れるんです。ずっと集中していなくてはならないんで・・・。
そして帰ってきたのが夜の9時半過ぎ。
夫は起きてテレビを見ていました。

私が家を出てから3時間たっていたんですけど、食器は台所に下げてはありました。下げるだけね

私はそれから食事をしたんですけど、「お茶飲む?」と聞いたら、「飲む~」と・・・。そして動かない

い~んですよ、大変な仕事をしてきたんでしょうから。でもですね~・・・モヤモヤ

先日、実家に行った時、80歳を過ぎた父が、台所で洗い物をしているのを生まれて初めて見ました。
聞けば、母が玄関で転んで捻挫をし、びっこを引いているので、手伝っているんだとか。
男子厨房に入らず、みたいな人で、座ったままなんでも母に命令する父だったんですけど、母が怪我をしたので、母を思いやる気持ちになったんでしょう。びっくりしました。そういう事をやる人だと思ってなかったので。

と、いう事は、私が病気か怪我をすれば、夫はうちの事をやる人になるのでしょうか。

願わくば、私が健康なうちにそういう思いやりの心を見せてほしいなぁ。

男性諸君、無理な事は言ってません。1日たった10分、妻の手伝いをするだけで、妻のご機嫌はずいぶんよくなるはずです!

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村




2017-01-27(Fri)
 

ダラダラしてしまった1日

もう日付が変わってしまいましたが・・・(^-^;

今日は午前中に生協の共同購入に出た以外は、最低限の1日のルーティンワークはやりましたが、やりたいことがいっぱいあったにも関わらず、ダラダラした1日を過ごしてしまいました。
ダメだな・・・私・・・。なんて自己嫌悪。

でも、最近読んだ、「めんどくさい」がなくなる本、というタイトルの本に、こんな一節がありましたよ。
途中かなり略してしまいますが、

"私たちがダラダラするのは、疲れているからです。必要な休息をとっているだけです。
けれども、それに対して自分を責めて、自分に厳しい批判をすると、より多くのストレスが溜まって、そのストレスを解消するために、さらなる休息が必要になります。
私たち人間は、いっさい何もする必要がない、のんびりしていいという状況が続いたら、すぐに飽きます。
人間の生活には、波があります。波は休息と活動を繰り返します。十分な休息が十分な活動につながり、十分な活動が十分な休息につながります。"

う~ん、いいお言葉だ・・・。本の中身を100%信用するわけじゃないけど、自分に都合のいい事は素直に受け取ります(#^.^#)

ところで今日の夕方洗濯物を取り込むためにベランダに出たら、海があまりにもきれいだったので写真を撮りました。
海

ついでに、山に沈もうとしている夕日も・・・。これは通称「二子山」です。
夕日

人間の営みはどうであれ、自然の営みはいつも変わらず正確ですね。

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

2017-01-26(Thu)
 

苦は楽の種

職場で、私とほぼ同時期に入ったパートさんが辞めることになりました。
原因は、いろいろあるんですが、一言で言うと人間関係です。

私にとっては若いころから数えて10社ぐらい勤めたうちで、今の職場が一番オアシスのように楽なんですけどねぇ。
彼女は18で子供を産み、その後1回もお勤めしたことがないみたいなので(現在35歳)、いろんな職場を経験するのもいいかもしれません。

私が勤めた中で一番きつかったのは、ブラックで有名な某牛丼チェーン店。
ひとり営業で強盗にも入られたり、雇用環境が悪いと評判にもなったことがあるのですが、今は改善されているのでしょうか。
私がいたころはパートなのに1時間ぐらいのサービス残業は当たり前でした。

そことワースト1、2を争う激務で意地悪な人の多い職場もありました。
様々な職場や人間関係を経験したから、今が一番楽だと思えるのかもしれないな~。

そういえば、全然違う話なんですけど、弾丸トークの父親と2日間過ごした後は、口数の少ない夫といることがとても癒されます・・・。
満員電車の中から、いきなり開放的な海辺に出たような(笑)

窮屈な想い、イヤな想いをすることも、ある意味有意義なことかもしれないですね。

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

2017-01-24(Tue)
 

両親に会いに茨城へ

一昨日から私の両親のいる茨城に行って来ました。

相変わらず、父のおしゃべりには閉口しました。
人の話は一切聞かず、独りよがりのおしゃべりを延々続けるので・・・。
ただ、以前より私は心に余裕を持つことができるようになりました。

それは、父が80歳という高齢になってきた事、後は、弟が両親の近くに住んでくれるようになることです。

80歳にもなった人間がこの先変わることもないだろうし、私ももはや父に自分の話を聞いてもらいたいという欲求もなくなりました。

それよりも、高齢の両親が元気で暮らしていてくれることに感謝しなくてはなりません。
私は年に2回、申し訳のように会いに行っているだけなので、介護の苦労をされている方に比べればずいぶん恵まれています。

私は、自分の子供であれば、どんな子でも愛せる気がするのですが、親となるとどうも理想の親というイメージから引き算で考えてしまう傾向があるようです。
親の人格がどうであれ、愛されて育てられたことには変わりはないので、そこは分けて考えなくてはならないと思います。
でも、私の父も、自分の亡くなった母親の事をいまだに「くそばばあ」と言っているのでそんなものなのかな。

さて、茨城は県の魅力度ランキングで3年連続最下位という事ですが、茨城出身の大関「稀勢の里」が優勝し、大いに盛り上がっています。昨日は白鳳に勝ち、横綱決定になりましたね。

そして、北茨城では「あんこうサミット」というイベントがあり、ちょっと寄ってみたんですが、思いがけず全国区の人気者に会いました。

ねば~る君

ねば~る君です。公式ホームページにも載っていたのでにせものではないようです(笑)

茨城のイメージがもうちょっとよくなるといいのにね。

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


2017-01-23(Mon)
 

日常

2月に保育園と幼稚園合わせて3つのベルの演奏会があります。
そのためにまた10曲の練習をすることになります。
他のメンバーはやったことある曲でも、私は初めての曲が多いので大変です。

特に、ドラえもんの主題歌、私が知っている曲は、
こんなこといいな、できたらいいな♪で始まる曲・・・、あれ?こんなこと、だっけ、そんなこと?あんなこと?うろ覚えなんですが(笑)

もう、その曲、園児たちには通じないそうで・・・
今は、「夢をかなえてドラえもん」という、全然知らない曲だったんです(^_^;)
時代は変わったのねぇ・・・。

ベルをお持ち帰りしてきたので、うちで練習しようと思います。

夫に、「なんか、いろんなことに突っ込んで行ってるけど、無理すんなよ。ノイローゼにならないでよ。」と言われました。
前科がありますからね。

自分では毎日楽しんで生きています。

毎日、朝寝坊して、のんびり家事やって(かなり適当)、でもやりたいこともいっぱい、できないこともいっぱいあるけど・・・。
できなくても、やりたいことがいっぱいあるのは幸せです。

でも、毎日反省するのです。私は自分の心に正直に生きているのかなぁって・・・。
無理して世間の価値観に合わせようとしてないかなぁ・・・って。

そんな私の心にぴったりな詩が星野富弘さんの詩画集にありました。

富弘

星野さんのように誰にもできない体験をして、悟りきったように思える人でも、私と同じような事考えてるんだなぁってちょっとホッとしました。

明日から、実家に一泊で行ってきます。(^^)/

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村




2017-01-20(Fri)
 

昨日のお客様

私は温泉施設の和食屋さんで働いているのですが、昨日はいくつか印象深いお客様が来られました。

まずは、2人して杖をついて、歩くのもやっと、という感じのおじいさんとおばあさん。
手をつないでやってきたので普通に見ればご夫婦なんでしょうか。でも、おばあさんの方が年上に見えます。
私が椅子をひいたりして座るのをお手伝いしたのですが、おじいさんの方がおばあさんの事を、「この人、今日で卒寿なんですよ。」と言われました。私は卒寿という言葉を知らなかったので、「すいません、卒寿っておいくつなんですか?」と聞くと、「90歳です。」と言われました。へぇ~・・・。1つお勉強。
それにしても、足元もおぼつかないのに、うちは結構な勾配のある場所に建っている温泉施設なんですけど・・・大丈夫なのかな、なんて心配してしまいました。

2つ目は、2歳くらいの男の子を連れたファミリー。
その子がめっちゃ愛想が良くて、店に入ってきたときから満面の笑顔で手を振ってきます。
かわいい~!と思って、もちろんこちらも笑顔で手を振りました。
するとその子は私がとっても気になったようで、席にいる間もずぅ~っと私を見ているのです。天使のような笑顔で。
なので私は表情でその子と会話をしていました。でも、他のお客様もいるのでほかのこともしているのですが、その席を見ると、その子が私を見ているのです(笑)
最後にはその子のお母さんに「ずっと見ちゃってすみません。」と謝られました。
いえいえ、これこそ無垢というものですよ。大人なら、気になった人がいてもじろじろ見ることはできませんものね~。

3つ目は、20代の、こちらは、めっちゃ不愛想なカップル。
特に彼女の方が、私が何を言っても、ぶす~っとしたままノーリアクション。
食事中も、ずっとスマホをいじってるし。彼氏ともほとんど会話してるそぶりもない。
喧嘩でもしたのかなぁ。彼氏の方も不愛想だし。
帰りも、無言で無表情のままお金を出し、私が「ありがとうございます。」と言っても、そっぽ向いて帰りましたけど。

見ず知らずの人に不機嫌を振りまいて、いやな気持にさせてもいい事ないのにねぇ・・・。
私も普段なら出口のところでもう一度「ありがとうございました。」と言うのですが、やめました。

私が今、外見だけでも20代に戻れたらそれだけでもルンルンなのになぁ・・・。もったいない。
まぁ、それはおばちゃんになったから言えることで(笑)

天使のような幼児と、不愛想な20代のカップル、卒寿のおばあちゃんと、人間観察には事欠かない職場です。

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


2017-01-18(Wed)
 

ひとりひとりの個性

一昨日、ベルのお仲間のHさんの送別会でした。
Hさんは遠くに引っ越しされるため、一昨日を最後に、もうお会いすることもほとんどないと思います。

始めてから9か月しかたってない私はお友達と呼べるほど仲良くはなれませんでしたが、先生を含めて12人のメンバーで1つの形を作っているような気がしていたので、その形が壊れてしまったようで本当に寂しいです。
彼女は会のムードメーカーでひょうきん担当でした。

そう思って一人一人を見てみると9か月の間に、それぞれの個性が見えてきました。あくまで私から見た個人的な見方ですが。

先生・・・もちろん私が尊敬して憧れている方です。息子の闘病の時に支えてくれた恩人でもあります。
ミワさん・・・学校の音楽教師をやっていて、的確な意見を言える人。
ユリコさん・・・努力家で負けず嫌い。思ったことを正直に言える人。手芸が得意。
ハルミさん・・・保母さんの仕事をしています。いい意味で普通の感覚を持った人。
ミツコさん・・・練習場の予約や連絡係をしてくれている、縁の下の力持ち。とてもおしゃれ。
ケイコさん・・・一番年長者。アイデアマンで頭がいい人。
ミチコさん・・・民生委員をやっていて、聖母のようなオーラを持った人。
ヤスコさん・・・行動力や発言力がピカイチのリーダー格。私をストレッチ教室に誘ってくれた。
ヒロコさん・・・優しくて懐の深い、もと保育園の園長さん。私に子供食堂を紹介してくれた。
ユウコさん・・・フルで仕事をしているのでいつも練習には遅れてきますが、どこでもできるベルのバイプレーヤー。

いろんな人がいて、それぞれの個性が集まって1つの事ができるような気がします。

私は・・・自分ではわからないのですが、一昨日、「おやびん」ことリーダー格のヤスコさんに言われました。
「10年以上たって、出来上がってる会の中に今入って来るのは相当勇気がいったと思う。あんたはえらい。おかげで1人抜けても今まで通りにやっていけるから感謝している。」と・・・。

勇気・・・。いいなぁ。実はそれほど勇気を出して飛び込んだわけでもなかったんだけど、昔から勇気のある女性に憧れていました。

そういう事にしておこう(^-^;

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村








2017-01-16(Mon)
 

戦争と昭和

昨日の夜、夫と一緒に、借りてきた「永遠の0」のDVDを見ました。2013年公開の映画です。
テレビでも放映されましたが夫が見てないというので、私がお薦めしました。
終わったのは午前0時30分頃だったのですが、寝る前に見る映画ではありませんでした。ひたすら泣けます。

私は、映画化の前に、号泣しながら原作小説を読んだことがあって、映画化の話が出たとき、あれを映像化できるのだろうか?と思いましたが、見事に原作のイメージを壊すことなく映像化されていて、すばらしい映画だと思います。
映画公開の年のクリスマスの頃に息子が彼女と見に行ったのですが、「すごく良かったけど、クリスマスに見る映画じゃない。」と言いました。終わった後、みんなすすり泣きながら出て行ったそうです。

たかだか70年ほど前の、歴史的には近代だと思いますが、二十歳前後の若者が、「生きたい。死にたくない。」と言葉にすることも許されなかった時代。
教官役の岡田君が、「なんとしてでも生きろ。最後まで生きる努力をしろ。」と言った言葉が胸を打ちました。

日本は今、アジアで一番平和な国、と言われていますが、こういう悲惨な戦争の記憶があるからこそだと思います。

4日ほど前に、2年後に天皇陛下が皇位を譲り渡して、元号が変わる、という報道がありました。
昭和はますます遠い時代になりますね。
息子は平成元年生まれです。

物持ちのいい私が持っている、昭和最後の日の号外新聞です。

新聞

新聞3

昭和天皇が亡くなる前は、3万リットルもの輸血をされて、あっさりとは死なせてもらえず、それはそれでかわいそうだな、と思った記憶があります。最期の時に戦争について考えることはあったのでしょうか。

時代が変わっても、若い人たちが犠牲になるような戦争は2度と起こしてほしくないと思いました。

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村








2017-01-14(Sat)
 

時間の使い方

月
昨日、あまりにも月がきれいだったので写真を撮ったのですが、どうしても思うように撮れません。実際は写真よりも倍綺麗でした。

ユーキャンの実用ボールペン講座を申し込んでみました。
年末に年賀状のあて名書きをしたときに、今までそんなに気にしていなかったのに、50も過ぎて、学生の時と変わらない字がやけに恥ずかしくなって、来年から宛名も印刷にしようかと考えたりしていたところへ、新聞の折り込みチラシを見て、「これだ」と。

ペン字

一日20分という事なのでなんとか続けられるかなと思ったのですが、いきなりドーンと来ると結構なテキストの量ですね。
キャンペーン中なので、オリジナルのペン4本セットもついています。
1か月1980円の分割で、一括だと31000円。めんどくさいので一括にしようかと思ったのですが、それだと途中で挫折する可能性があるので、毎月払う形にして自分のお尻を叩こうかと。

自分の興味がある事、アンテナにひっかかった事に片っ端から足を突っ込んでいる状況なのですが、そろそろいっぱいいっぱいかな。
年末から始めたストレッチ教室にも、行けるときは週2回ぐらいで行こうと思ってます(1回800円)。
今はやりのべたっと開脚の為のプログラムもあるんですが、私はまず、肩こりと足のしびれ改善を目指して。

でも私、時間の使い方が下手なのです。ついでとか、ながらという事が苦手で、後でまとめて、と思ってしまうのですが、その「あとで」が来ない時があります。

1日20分、されど20分。

まずは、何回も書いているけど、「早起き」に尽きるかな。

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


2017-01-13(Fri)
 
プロフィール

スマイルバナナ

Author:スマイルバナナ
50代主婦です。
2人の子供達は独立し、今は夫と二人暮らしです。
接客のパートをしています。
日々の出来事、心境を綴ります。