個人的な事で恐縮ですが

今日は息子の病気関連の記事で主婦カテゴリーにはそぐわないかもしれないので、興味のない方はパスしてくださいね。

息子が病気になってから同じ白血病の方のブログを読むようになって、とても参考にさせて頂いていたブログがあります。
その方は30代前半で、子供のいない既婚の方です。息子より2年ほど前に骨髄移植をされています。ここ2年くらいは年に1回しか更新されてないのですが、先月更新されていて、今日私はかかりつけの病院の待合室で読んだのですが、感動して涙が止まらなくなってしまい、先生の前でもまだ涙が流れていたほどです。

簡単に紹介させていただくと、彼は不妊治療を去年から始めていて、その内容についての記事でした。
骨髄移植という治療をすると、放射線や大量の抗がん剤の為、不妊になる可能性が高いと言われます。息子の場合もそう説明されました。
ブログの彼は、やはり無精子症だと診断され、AIDという、精子バンクによる人工受精を扱う病院に紹介されました。
そこは1日1組の患者しか受け入れてないらしく、予約から初診まで半年以上かかるみたいです。(ひえ~)
彼は、精子バンクによる人工授精で子供を作ることに対してこう言っています。

「素直に僕は妻が自分の子供を産める可能性があるなら、絶対それをえらびます。だから、つながりがないとかはぜんぜんいい。
妻の遺伝子をついでるなら絶対に愛せる自信がありますからね。。。」

でも、子供側からすると、もっと複雑で、父親とは血がつながってないのですが、遺伝上の父親には一生会えない・・・。
それを告知するかどうかでいまだ意見は分かれるそう。両親の考え次第ということです。偶然知ってしまいショックを受ける子や、隠してるつもりでもうすうすおかしいと気付く子もいるらしい・・・子供は敏感ですからね。

彼は、奥さんが前向きに考えていることに対して、自分はもう何もできないから感謝していると書いてました。
そして、母親についても、「もう奇跡はないのかなぁ。」とつぶやかれたことに胸を打たれたそうです。
私も、まだ奇跡を信じてますけどね。

息子は、今結婚を前提に彼女と同棲していますが、以前彼女に「子供ができないかも。」と言ったとき、彼女に「犬でも飼えばいいじゃん。」と言われたと言っていました。私が「お母さんは、精子バンクでも、里子をもらっても認めるよ。」と言ったら、「何言ってるの。」と冷たい目で言われましたけど。
でもその後、息子は「子供は欲しい。自分が早く死んだら彼女がかわいそうだから。」と言っていました。

そんなこんなで今日見た記事には胸を打たれてしまいました。

息子にはこれからもまだまだ超えなくちゃならない壁がありそうです・・・

長文、読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
2016-08-09(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

ブログ主さんの想い、息子さんの想い、そしてスマイルバナナさんの想い
・・・心を打たれました。
私の友人にも、小学生のときに白血病になった息子さんがおり
体調も大変だし、治療の影響で身長が伸びなかったりということもあって
いろいろと悩んだそうです。(親子とも)
2か月前にその友人と、今は中学生の息子さんに会う機会がありました。
息子さんがとても明るくて、病気に勇敢に立ち向かっているのを見て
こちらのほうが励まされました。
そんな気持ちでいる限り、この子にもきっと奇跡は起こると思いました。
2016-08-10 16:35 | ジェイジェイ | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし 

ジェイジェイさん、ありがとうございます。
本当に、大きな苦難を抱えている人ほど明るいことがあります。
私も息子を支えているようでいて、実は支えられていた気がします。
今までも結構奇跡的な事は起こってきたので、私も希望は捨てていません(*^^)v

2016-08-10 22:16 | スマイルバナナ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

スマイルバナナ

Author:スマイルバナナ
50代主婦です。
2人の子供達は独立し、今は夫と二人暮らしです。
接客のパートをしています。
日々の出来事、心境を綴ります。