ハンディキャップって・・・

11日(日)に放送されたNHKスペシャル「自閉症の君が教えてくれたこと」を見ました。
夫が、私が知らないうちに録画していたようで、やはり娘のことが気がかりなんだろうと思います。

娘は、高機能自閉症と診断されていますが、自閉症と言っても軽度から重度まで、娘は自閉的傾向があるという程度ですけど、その番組に出てきた東山直樹さんという24歳の方は、重度の自閉症でありながら、作家として本を出版されています。

彼の言葉には一つ一つとても重みがあってうなずけることも多かったのですが、その番組を見ていて、違和感を感じたことがありました。

それは取材している記者が、2年前にがんを患ったという事で、今は治療してがんは消え、復職しているのですが、がんの再発におびえ、治療の後遺症が残ったことを、何回も自閉症と並べて「ハンディキャップ」と言っていることです。

私はがん経験者ではありませんが、がん患者の家族としての経験から、1度でもがんを患ったら「ハンディ」なのか、と疑問を持ちました。
進行がんで治癒の見込みがない人ならともかく、とりあえずがんが消え、復職もしているのに、自ら「ハンディキャップ」と何回も言い、重度の自閉症の東山さんと並べて考えるのはなんか違うんじゃないかと。

東山さんは、自閉症だから自分は不幸だとも思っていないし、周りも不幸にしたくない、みんなに特別な目で見られたくない、と思っているらしいので、きっと、ありのままの自分を受け入れてほしいと思っているようなんですが、自閉症とがんを並べて両方とも「ハンディキャップ」という目で見ているその記者の想いに共感できませんでした。
気持ちはわからなくはないけど、その内容で構成してほしくはなかった。

私は娘には告知していません。「○○だから、○○できない。」と思われたくないから。
息子は再発の不安になんかおびえていません。
だから、ハンディキャップだとは思っていません。

だいたい、ハンディキャップって、本人がそう思ってなければ、どんな事もハンディじゃないんじゃないかなぁ。

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2016-12-21(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

おはようございます。
分かるような気がします。
私は、癌でも自閉症でもないのですが持病に苦しんでます。それをハンディーだと言えは、そうなんですが、自分に出来る事を頑張れるって幸せなんだと思うのです。
ただ、自分の病気を他人に知って欲しいとか思いませんでした。健康人のように振舞う事で何とかなって来たんです。
今年は、目が悪くて本当に、外歩くのも怖いし、字が読めない恐怖も味わいました。この先、まだ何かあるのです。
2016-12-21 05:20 | ピーちゃんこ | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし 

ピーちゃんこさん、コメントありがとうございます。

ピーちゃんこさんのおっしゃる通りです。
人には知られなくても、多くの人が多少なりとも肉体的、精神的苦痛を抱えながら生きています。
それを「ハンディ」と思うか、できることに感謝したり幸せを見つけようとするかの違いだと思います。

ピーちゃんこさんの記事を読むとほっこりします。
持病を抱えながら、幸せを見つけようとするピーちゃんこさんは素敵です。
2016-12-21 08:35 | スマイルバナナ | URL   [ 編集 ]

 

こんにちは♪

早めのお昼休憩でお弁当食べながら記事を拝見し、まるで同感!!と思いました!!

私の父は片足が不自由で障害者手帳も持っていますが86歳の今でも現役で仕事してますし、立派に社会人として今まで生活してきました。

娘が内半足で産まれて来た時、いいか、足がこんなだから…とか私はどうせ…とか足を理由に逃げる様な子に育てるんじゃないぞ!! お前の育て方次第だぞ!!と自分の経験と照らし合わせ忠告してくれました。
おかげさまで娘は二度の手術を乗り越え、足を理由に逃げる子にはなりませんでしたが、仰る様に何でも捉え方次第ですね。

そして今、治療中の主人も勿論ハンディキャップだなんて、これっぽっちも思ってません。

でももしかしたら、その記者さんはそう思う事によって自分を奮い起たせてるのかもしれませんね。
だとしても色んな人が観てる公共の電波を通して言うのはどうかと、やはり思いますよね。
2016-12-21 11:00 | hanamodangomo | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし 

Hanamodanngomoさん、コメントありがとうございます。

生まれつきの障がいや、本人の責任もなくかかってしまった病気を「ハンディ」とは呼びたくないですね。
何だかネガティブな言葉に聞こえてしまいます。
それよりは、その人たちは人とは違う体験をすることによって、豊かな人生を送れるんだと思いたいです。

その記者さんは、自分の病気をまだ受け入れられなくて、もがいているのかもしれません。
でも、東山さんのように生まれつきの障がいを持った人達は、その障がいを含めて自分だとわかっているんです。
なのに、その記者の目線でストーリーが作られている気がして、多くの人がそう思うのかと思ったら悲しかったです。
2016-12-21 14:43 | スマイルバナナ | URL   [ 編集 ]

 

いろんな捉え方があるんだなって思いました(*'-'*)

私は結構マイナス思考型なんです。

生まれつきの障害を持っています。
多分、殆どの人が見たら解ると思いますし、
機能的にも、正常の人と劣っているところがあります。
が、正常の人には解って貰えない、理解して貰えない機能なので、
自分から笑い飛ばしてしまう性格ではないので、
小さいころから、死ぬまで、きっと卑下して終わります(笑)

もっとちゃんとした身体に産まれたかった・・
一生思って生きていきます、きっと(笑)

小さいころ手術すれば完全に治ったのにしてくれなかった親を、
今でも恨んでいます。

人には理解して貰えないハンディーキャップ、
これをどうとらえるかも人それぞれですが、
スマイルバナナさんのご家族のように、
もっと私自身、前を向かないといけないんだろうな
って感じました(*^~^*)
2016-12-21 15:02 | 小手鞠 | URL   [ 編集 ]

 

その通り・・・
リン子もハンデキャップっていうのはちょっと違うと思う・・
実際リン子も乳がんで片方全摘手術しています。
それを言うのならハンデかも知れない・・

でも、術後の今では元気に回復し、普通です・・
ちゃんと主治医に診て貰ってますけど、
もぉ安定期だね・・と、再発はないだろうと診断もされた。
そんな人でもハンデキャップというのでしょうかねぇ~

それよりも、もっと違うハンデを背負っている方は沢山います。
NHKなのに、そんな編集の仕方もするんですねぇ~

視聴者も、こうして疑問に思う人も居るのですから
今後問題になる事もあるかもねぇ~
2016-12-21 15:40 | ポンデリン子 | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし 

小手鞠さん、コメントありがとうございます。

この記事でいくつかのコメントを頂きましたが、すべてで自分、もしくは家族の中に「ハンディ」かもしれないものを持っている、というものでした。
それほど、誰にでもあるという事ですね。

私は「ハンディキャップ」という言葉の響きがあまり好きではなくて。出来れば「個性」と思いたいんです。
自分の足りない部分を受け入れて、他人と比べないってすごく難しい事ですね。
それが一番の目標で、目的かもしれません。

2016-12-21 17:02 | スマイルバナナ | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし 

ポンデリン子さん、コメントありがとうございます。

そうなんですよ~。1度ではなく、何度も、「がんになったからハンデを背負った。」みたいな。
挙句には重度の自閉症の東山さんに向かって、「僕がこれから前向きに生きていくにはどう考えればいいでしょうか?」みたいな。

番組として、違うだろぉ~と思ってしまいました。
がん患者として、1度はそういう気持ちになるだろうとは思いますが、自閉症の子供を持った親御さんが見たら絶対違和感を持つと思います。その編集でOKしたのもなんだかなぁ~。
結局、世間の目ってそうなんだな~。と思いました。
2016-12-21 17:13 | スマイルバナナ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

スマイルバナナ

Author:スマイルバナナ
50代主婦です。
2人の子供達は独立し、今は夫と二人暮らしです。
接客のパートをしています。
日々の出来事、心境を綴ります。