英語でのコミュニケーション

職場での話です。

今の職場は、平日はフロアーにサービス担当者が1人、調理場には2,3人の男性従業員がいます。
箱根の温泉施設、和食、ということもあり、外国のお客様も多いです。とあるお客様の情報によると、外国人向けのサイトで、箱根、和食、で検索すると、うちの店が一番人気だそうです。ほんとかなぁ?
1つのお膳の中に天ぷら、お刺身、そば、など日本食を代表するお料理がセットされている和膳がメインで、高くても1800円ほど。
そのほかに、和食系のおつまみの単品もあります。
ただし、英語での表記、説明はありません。

まったく日本語がわからないお客様が来ることも珍しくありません。
私は一応短大の英文科を出ていますが、劣等生だったのでまったく役に立っていませんでしたが、去年からちゃんと勉強しようと思い立ち、去年は高校生たちに交じって英検準2級と、英検2級を取りました。
接客用の英語の本も買いました。今は簡単な会話なら、英語でコミュニケーションを取ることができます。

おととい、私のあがり時間の少し前、外国人のカップルのお客様がみえました。日本語は通じません。
「English?」と聞くと安心したようにうなずきました。たまに、見た目で英語圏の人かな、と思ってもフランス人だったりします。

外国のお客様はメニューの写真だけでオーダーします。そして、"こんにゃくの味噌田楽"と、"とろざるそば"を注文しました。
こんにゃくを一口食べてから私に、「Seafood?」と聞いてきました。

へぇ~こんにゃくを食べてシーフードだと思うんだぁ~なんて感心しつつ、こんにゃくって英語でなんて説明するんだろう、と考えてしまいました。私たち日本人にとって、こんにゃくはこんにゃくです。作り方もよく知りませんし ・・・
「Kind of potato」なんて言いましたけど、たぶん分からなかったでしょうね。(-_-;)

私は"とろざるそば"の食べ方を、英語でどう説明しようかと、心の中でシミュレーションしていました。
外国のお客様はざるそばの上からつゆをかけて、お膳がびちゃびちゃになることが多いのです。

ちょうどそばができたタイミングで、私と入れ替わりの先輩パートさんが来て、そばを持ち
「おまちどうさまでした~」  で、終了。

「あ~あ」と思いながら、職場を後にしました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
2016-05-25(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

スマイルバナナ

Author:スマイルバナナ
50代主婦です。
2人の子供達は独立し、今は夫と二人暮らしです。
接客のパートをしています。
日々の出来事、心境を綴ります。