義父の七回忌法要

3日(土)は義父の七回忌法要がありました。

義父は、6男1女のきょうだいの長男です。
夫はその義父の長男になります。

義父は、生きていれば91歳になるのですが、その兄弟たちも皆存命で、配偶者もいるので、結構大所帯の法要になります。

義父が亡くなった時は喪主は姑でしたが、姑も高齢の為、夫がすべてを取り仕切らねばなりません。

お寺での読経の後、みんなでお墓参りに行き、その後全員で会食をしました。

でも、姑をはじめとして義父のきょうだい達も高齢なので、こういった大げさな法要はこの七回忌で最後にしようと言っています。

ただ、お経の後和尚さんが話されたことが心に残りました。

「最近は法事も簡素化されてきて、内内に行われることも多いですが、○○さんのように大勢の親族があつまられるというのは素晴らしいですね。
こういう時にしか会えない親戚もいるでしょうし、亡くなられた方が繋ぐご縁というか、そういったことを大事にして、どうか今後も続けていってください。」と・・・。

確かにそうですね。
夫も重責もあったでしょうが、会食ではお酒を飲んで久しぶりの親戚と楽しそうに話していました。
うちの子供達も、いとこ(義弟の子供達)とめったに会えないので貴重な機会だと思います。

次は13回忌になるそうですが、姑も「私は生きてるか分からないし。」などと言っていましたし、どうなるかわかりませんが、法事にはこういう利点もあるのだなぁと思いました。

読んでくださってありがとうございます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017-06-05(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

お葬式や法事は哀しいイメージがありますが
日ごろ、疎遠になっている身内に会えますよね。
故人を偲びながら
身内の人が集まることは
とても有意義な時間だと私も思います(#^^#)

きっと、お義父さまの人柄がよく
ご兄弟の仲が良いからこそ出来た事だと思います(^_-)-☆
2017-06-06 10:26 | きっしぃ | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし 

きっしぃさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよ~。夫の父方はきょうだいがほんとに仲良くて・・・。
私の父方はきょうだい間でいつももめていたので、すごくいいなぁ~と思ってました。

私も久しぶりに甥っ子に会えて、就職が決まったなどの近況を聞くことができました(*^-^*)
2017-06-06 11:06 | スマイルバナナ | URL   [ 編集 ]

プロフィール

スマイルバナナ

Author:スマイルバナナ
50代主婦です。
2人の子供達は独立し、今は夫と二人暮らしです。
接客のパートをしています。
日々の出来事、心境を綴ります。