違和感

今日は夏祭りのお手伝いで朝からキャベツを切ったり、トウモロコシをむいたりしてきました。
午後から本番でかき氷の屋台にたちます。今、時間が空いたので、更新をしています。

今朝の情報番組のコメンテーター達のコメントに違和感を感じてしまい、胸の中がもやもやしています。

相模原市で起きた障がい者の大量殺傷事件です。
こういう事件が起きるといつもそういう方たちは「そんな社会になってきた。」だの、「ネットでいろんなことが書かれている。」だのと、社会やネットに責任を押し付けます。

でも、私はあくまで個人の責任だと思うのです。社会の中には善良な方がたくさんいらっしゃいます。ネットだって悪い情報に左右されるかどうかは個人の問題です。
事件を起こした犯人をかばうつもりはありませんが、自分を愛せない人は他人も愛せません。自分を愛するためには、誰かに愛されなければなりません。それは、親に限らず、誰か1人でもいいと思います。
彼は、人に愛された記憶があるのでしょうか。もしくは、理解しようと寄り添った人がいたのでしょうか。親がいるかどうかは関係なく。

聖書に、「汝の隣人を愛せよ」と言う言葉がありますね。私はクリスチャンじゃないけれど。

私は重度障がい者施設に勤めている人を知ってますが、親や縁者が全く顔を見せないケースもあるそうです。
そうなれば、誰かが助けなければなりません。障がい者の親の心のケアが必要な場合もあると思います。

ひとりひとりが、そばにいる人の事を気遣い、心を寄せていけば・・・そんな小さな事でいいと思うんです。

社会ってひとくくりにされますけど、それって何ですか?そこに生身の心が含まれているんですか?

読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2016-07-31(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

スマイルバナナ

Author:スマイルバナナ
50代主婦です。
2人の子供達は独立し、今は夫と二人暮らしです。
接客のパートをしています。
日々の出来事、心境を綴ります。